オメガの耐磁性

腕時計を所有する上では帯磁性の課題が存在しますが、それは時間のズレを引き起こす重要な原因の一つです。特に長い期間、使用していくと時計の針や内部構造の歯車に磁気を帯びてきて、それによって本来の動作に繋がらないため、帯磁性の問題はクリアする必要があります。
磁気を帯びる理由としては、日常でも磁界が発生する環境の中で暮らしていることがあり、磁界の影響を受けることで腕時計の内部の動きを本来の動きと違うものとしてしまうためです。オメガの腕時計の魅力は、この帯磁性に優れた特徴が見られるため、安心して時計のズレを気にせずに使用し続けることが可能な点です。
日常生活でも磁気を発生させる製品は数多く見られ、例えばパソコン、スマートフォン、電子レンジ、冷蔵庫、テレビなど多くの家電製品を利用して暮らしています。これらの製品から多くても日常的は1,000ガウス単位での磁界の発生が見られますが、オメガはその倍以上の15,000ガウスにも対応できることもあり、その帯磁性の問題をクリアしている強みを持っています。
素材としてはシリコンや金属には合金を活用するなどしているためで、磁界の影響をほとんど受けることもなく、オメガは使用し続けることもできます。